消費者金融への借金返済で困ったらまず相談

全盛期と比べると数は随分と減ったことでしょうが、それでもなお消費者金融などから借金をしている人がたくさんいます。借りたお金の使い道は基本的に自由なので、生活費、旅行費、授業料からギャンブルに使うことまでもが可能です。ただ、自由に使えるからといって安易に考えすぎてしまうと首が回らなくなってしまい、消費者金融からの督促や取り立てにストレスを感じることになってしまいます。

私の場合はそもそも目的が不純な借金をしたわけですが、ほどなくして借金返済が困難な状態になってしまいました。電話が鳴るたびに督促ではないのかとストレスと感じるようになってしまった結果、いつの日か電話にも対応せず返済もしていない状態が出来上がりました。「これではいけない」と思いつつも、連絡がつけばひどい目に遭うのではないかという不安が勝り、そのまま数年が経過しました。

そのままの状態を5年、10年と続ければ「時効の援用」も可能だったのですが、それ以前に私は債務整理という方法を選択することにしました。そのきっかけは弁護士の知人ができたことだったのですが、やはりプロだけあって効果的な解決方法を提案してくれ、迅速に問題を解決することができました。悩んでいた時間が嘘だったかのように晴れやかな気持ちになることができ、本当に感謝しています。